バイクショップ バイクを売る メリットとデメリット

バイクショップでバイクを売るメリットとデメリットを解説

 

バイクはバイクショップで売ることも出来ます。
新しくバイクを買い替える場合に下取りに出す、またはバイクを処分する際にバイクショップを利用する事が多いのではないでしょうか。
今回はバイクショップでバイクを売るメリットとデメリットについて解説していきたいと思います。

 

 

バイクショップで売るメリット

バイクショップでバイクを売るメリットとしては、まずやはり知っている店で売ることが出来る安心感があることではないでしょうか。

 

もしそのバイクショップの常連客でショップ店員と仲良くなっていれば、バイクを売ろうとする際に、ネットなどでは検索しても出てこないような独自の情報を教えて貰えたりするなど、最善の売却方法を提案して貰える可能性が高いです。

 

また、廃車手続き等の面倒なものをほとんど行って貰えるという利点もあります。

 

但しバイクの査定や引き取りは出張で行って貰える場合とそうでない場合があるので、事前にしっかり確認しておくことをお勧めします。

 

 

バイクショップで売るデメリット

逆にデメリットとして挙げられるのが、買取り価格があまり上がらないという事です。

 

バイクショップは買取り専門店では無いので、買い取った中古バイクの流通ルートは限られています。バイクの売買量も大手のバイク買取り業者と比較しても少ないので、万が一バイクが売れ残った際のリスクがある以上、買取り価格を上げにくいのです。

 

また、バイク買取り業者では無料で行ってくれる自宅までの引き取りに来てもらう、紛失した書類の再発行などのサービスが有料になる場合も多いです。事前に手数料や売却までの流れをショップの担当スタッフとよく打ち合わせしておいた方が良いでしょう。

 

 

まとめ

バイクショップでのバイク売却は近所のよく知っているお店で気軽に安心して出来ますが、最低額はあまり期待出来ませんし、価格面がどうしてもデメリットとして挙げられやすいです。

 

バイクショップで売却を検討する場合でも、まずはバイク買取り業者で査定して貰っておいた方が良いかもしれません。