エンジンの掛からないバイクでも売ることはできる?

エンジンの掛からないバイクでも売ることはできるの?

 

エンジンが掛からなくなる、タイヤやブレーキなどに大きな欠陥を生じていることで走行することが出来なくなったバイクを不動車といいます。
不動車になる原因として多いのは、バッテリー上がり、ガソリンが古い、キャブ詰まり、エンジンの焼き付きなど、ほとんどが長期間バイクに乗らなくなった事によるものです。

 

ではこのバイクの不動車、動かないので売却したいと考えた場合、売却は可能なのでしょうか。
エンジンがかからなくても売ることはできるのか?

 

この疑問に対して結論を言うと、エンジンがかからなくても・不動車でもバイク売却は可能です。売ることはできます!!

 

もちろん、正常な状態のバイクと比較すると査定額は下がります。
エンジンが掛からない場合は、査定時にその原因を追究するのが難しくなります。

 

キーをイグニッションに回した際にメーターに電源が入るか、またはセルモーターが回るかでバッテリー上がりかどうかの判断が出来ます。
バッテリーに問題がある場合は、ブースターケーブルや押しがけでエンジンが掛からないか確かめてみてください。

 

上記以外の症状が出ている場合は、査定時に原因追究が難しく、エンジン部の問題を怪しまれて大幅な査定減点に繋がる可能性があります。
特に高年式のバイクや、中古市場で人気のあるバイクは不動車かどうかで査定額の差が大きく出ます。こういったバイクは、せめて最低限の整備を行い、エンジンが掛かる状態にしてから業者に査定を依頼することをお勧めします。

 

 

まとめ

 

エンジンのかからない不動車でもバイクの売却は可能です。
ただし不動車というだけで査定額は大幅に下がりますし、勿論100%買い取りして貰えるという保証もありません。

 

一番良いのは長期間乗らない場合は、保管前に一度整備をしておき、可能な限り不動車にしないようにしておくことが大切だと思います。