楽しいツーリングの速度は何kmが理想?

 

3月も後半になってくれば気温もあったかくなってきて、ツーリングがしたくなる時期ですね。

 

※この記事は3月中旬に書いています。

 

かっこいい愛車に乗って風を切るツーリングはめちゃくちゃ楽しいです。

 

走るだけでも楽しいけど、車が混んでいないような道をスパッとスピードを出して走るのが楽しい!

 

私はそう思います。

 

ただスピードを出すのはいいけど、何kmくらいまでの速度ならツーリングにおいても出してもよいものか、楽しめるもなのか私なりにツーリングにおける速度の考えの答えを出しました。

 

では結論から、

 

楽しく走れるツーリングの速度は、現在走っている道の制限速度内で走る。

 

正直これがベストです。

 

ちょっと優等生応えすぎるかもしれませんが、結局これが答えでべストだと思います。

 

スピードを出して走るほうがスカッとする気持ちも大きいとは思いますが、それと比例してスピードを出して走るとなると、リスクが高まります。

 

速度違反で白バイやねずみとりなど警察に捕まる可能性もありますし、何か急なバイクの不具合によって事故につながる可能性もあります。

 

60kmの制限速度のところを100kmとかで走っていたとして捕まると40kmオーバーという超過になり大きな減点や反則金にもなりますし、捕まった後のツーリングで気が落ちてしまって楽しくありません。

 

事故のことを考えても60kmのところを100kmで走っていて途中で急にブレーキが壊れたりとかすると悲惨なことになります。

 

一般道路では長い直線だけではなく、カーブであったり、信号・歩行者・動物などがでてきたりもあるので、速度を出しすぎるのは危ないのではないかなと思います。

 

唯一速度を超過気味で走るのであれば、追い越しをする一瞬とかくらいが気にせずに出せる瞬間だと思います。

 

何kmの制限速度超過から捕まる可能性があるのか?

 

ツーリングで走っているといろんな制限速度の道を走ることになると思いますが、実際のところ何kmから速度超過で捕まる可能性があるのでしょうか?

 

そんな風に思った私は調べてみました。

 

答えを言うと残念ながら1kmでも速度超過したら捕まる可能性はあります。

 

すごい細かいことを言うと、50kmの道を51kmで走っているだけで捕まる可能性は0ではないということです。

 

いやいやそんなツーリング中にスピードメーターとにらめっこして走っても全然おもしろくないよという方がほとんどだと思いますが、あくまで捕まる可能性としては0ではないということです。

 

ただ1kmの速度超過でつかまることなんてほとんどないのでリアルなところをお伝えします。

 

まずそもそもスピードメーターはいい意味で正確ではありません。

 

ツーリング中に100kmで走っていたとしても実際には95kmといった感じでスピードが少し低めにでていることが多いです。

 

正常のスピードメーターは実際のスピードよりやや低めに速度がでるように基本なっています。

 

なので多少であれば速度オーバーをしていても、実際には速度超過にはなっていないことがあります。

 

また周りの車があまりにも制限速度で走っていないような道で、自分だけが守って走ることによって渋滞になってしまうこともあると思います。

 

どこまでスピードを出すかという度はあると思いますが、周りのバイクや車の流れと同じくらいで走っているというのはある程度安心できるように思います。

 

みんながやっているからというわけではありませんが、走っている車やバイクとの歩調合わせた走りをしておけば捕まる可能性は低くなります。

 

まぁそれでも制限速度でいえば+10kmくらいが大きく見ても限度ではないでしょうか。

 

それ以上の速度で走るとなるとツーリング中など関係なく捕まるリスクは高くなります。

 

ネットとかで調べてみたら15km以上の速度超過は捕まえるというような記事をみたことがありますし、私自身20km以上で普通に速度制限で捕まったこともあるので、MAXでも10km超過。

 

普通に考えたら+10kmくらいまでで見ておくのがやや安全圏といったところではないでしょうか。

 

いろいろ書きましたが+1kmでも速度超過したらいけません。1km超過でも捕まる可能性はあります。

 

ただメーター誤差やスピードメーターの針の揺れ誤差をみたことを考えてせいぜい10kmくらいまでが見誤る微妙な範囲ではないでしょうか。

 

制限速度超過による反則金や減点は?

 

意外と知らない人もいると思うので、制限速度超過による反則金や減点の表をまとめました。

速度超過 点数の減点 反則金(単位:千円)
50km以上 12 高額な罰金
30km以上50km未満 高額な罰金
高速:40km〜50km未満 30
高速:25km〜40km未満 20
25km以上30km未満 15
20km以上25km未満 12
20km未満

↑もしも更新していたらすいません。おそらくこの数字であっていると思います。

 

一番下の反則が20km未満の速度超過になります。これがある以上1kmでも速度超過したら捕まる可能性はあります。

 

ハイスピードツーリングとゆっくりツーリング

 

中型〜大型バイクによるハイスピードツーリングを楽しんでいるライダーたちをシーズンになると見かけることがあります。

 

見たことは何度もありますが、一緒に並走して走ったことがないので実際のところ何kmのスピードで走っているかはわかりません。

 

というより、ツーリングするメンバーやグループによって速度も違うので何とも言えません。

 

ただしかし巷にはハイスピードツーリングで走るライダーたちは1.5〜2倍近くの制限速度で走っているという話を聞いたことがあります。

 

遅い速度域ならそうでもありませんが、やや速い速度域になってくるとけっこう危ないです。

 

この倍率を単純計算すると50kmの制限速度だったら75km〜100kmで走ることを意味します。

 

当然中型〜大型バイクにしてみれば高速道路も余裕で走れる設計になっているものがほとんどですから、75km〜100kmの速度なんて余裕なものだと思います。

 

ただ冷静になって考えると1.5倍でも50kmのところは25kmオーバー。2倍だと50kmオーバーの計算になります。

 

50kmオーバーは12点の減点に、高額な罰金(10万円とかの高額)

 

50kmのところなんてツーリングで走る道ならほとんどの道路がこれに該当するように思います。

 

言い換えてみればツーリングで走っている間、いつでも速度超過で捕まってもいいよと言っているようなものです。

 

5時間の走りっぱなしをすれば5時間捕まるリスクがあるまま走り続ける感じ。

 

白バイやネズミとりに目を光らせて走っていたとしてもよほど道を熟知していなければ気づいた瞬間にはもう追いかけられていたり、レーダーで速度をとらえられていたりした後ということもしばしばではないでしょうか。

 

また何かあったときには通常の事故よりも大きな事故にもつながりますので、ハイスピードツーリングはおすすめできないツーリングです。

 

100kmとかのスピードで走りたいなら高速道路で走るツーリングをしたほうがいいですし、もっと200kmとかの超絶スピードでスカッとしたいならサーキットにいって走るのが誰からも文句を言われずに走れるように思います。

 

速度違反で捕まるのはお金の支払いと減点による自己都合だけかもしれませんが、速度超過による周りの被害がありえると考えるならば、容認はできない行為だと思います。

 

ツーリングはゆっくりツーリングがベスト。ゆっくりだからといって50kmを40kmといった感じまでゆっくり走る必要はまったくありません。

 

周りの車やバイクなどの交通の流れに沿って走る。メーター誤差なども考えて制限速度を大きくても10kmを超過しないくらいで走るのが理想的だと思います。

 

まとめ

 

楽しいツーリングの速度は制限速度を守って走ること。
ただメーターとにらめっこし続けて走るのもおもしろくないと思うので、
基本はあきらかな速度超過をしない程度に周りの車やバイクの流れに合わせることが大事だとそう私は思います。

 

スピードを出しまくるハイスピードツーリングは、
走っている間つかまるリスクしかありませんし、危ないのでおすすめはしません。

 

ツーリングはゆっくり周りの景色を見ながら走ること、
周りの仲間とインカムなどで話をしながら走ったり、
目的地に着いてから話しながら中食をとったりするのが楽しいのではないかなって私は思います。

 

3月あけてからは特にツーリングが楽しい時期。
速度超過には気を付けてツーリングを楽しみましょう!!